【ネタバレ注意:要約と感想】藤田 紘一郎「腸で変わる!病気にならない、50代からの生活習慣」kindle unlimited

部屋を掃除していたところ、以前購入したkindle fireが発掘された。

電車の中などのちょっとした時間にスマホでニュースやSNSなどを見て過ごすのにすごく飽き飽きしていたので、kindle unlimitedで本を読むことにした。

パラパラと読んですぐ忘れてしまうので、ブログに読んだ本の要約と感想を書いていくことにした。

  • この本は年寄りの食生活についての話。
  • 若いころは糖質で体を動かすが、年取ったら野菜中心にしないと体がもたない。
  • 糖質は極力減らす。食べるとしても、昼だけに抑えたり、白米をやめて玄米や雑穀米に変えるようにする。
  • とにかく野菜はたくさん食べる。いろいろ食べる。
  • 芋類は糖質を多く含むが、良質な食物繊維や栄養を含むので問題ない。
  • 水を1日2リットルぐらいは飲むようにする。
  • カロリーは気にしない。
  • 週2回はステーキを色とりどりの野菜とともに食べる。
  • 発酵食品は積極的にとる。日本古来の納豆、みそなど推奨。
  • ヨーグルトは試しに特定のメーカーを2週間食べてみて、いい感じなら続ける。あまり変わらないようなら変える。どの善玉菌が腸に合うかは人それぞれ。
  • トランス脂肪酸などの悪い油は避ける。
  • 食品添加物や化学調味料は避ける。
  • 好きな人と楽しく食事をする。逆に嫌いな人との食事は避ける。
  • よく噛む。
  • 酒は楽しければ日本酒2合程度はOK
  • 適度に運動する。
  • 笑う。
  • ストレスはよくないから無理はしない。
  • 体を温めるのはいいことだから風呂入れ。
  • 丹田で深呼吸しろ。

 

ざっとこんな感じだろうか。

私は50代ではないが、なんとなく腸の調子が悪いのでこの本を読んでみた。そして早速、糖質制限をはじめた。(笑)

この本の内容を厳格に実践する気はないが、野菜をたくさん摂取するとか、発酵食品をとるとか、世間一般で健康に良いといわれることとだいたい同じことが書いてある。

ただ、今一度どんな食生活が健康的なのか、細切れの知識ではなく全体で把握する参考になった。